スポンサーリンク

侵入奇胎の闘病記 | 5. 第2クール後の副作用とhCGの経過

胞状奇胎・侵入奇胎
スポンサーリンク

第1クールより過酷だった第2クールの副作用

MTX休薬1日目の副作用

口内炎と喉の痛み、フルMAX!

この第2クールでは、投薬終了翌日からフルMAXで現れた。

朝起きた時から喉は腫れて焼けるように痛み、何かがつかえるような感覚で唾が上手く飲み込めない。

一度飲み込んでも飲み込む力が弱いのか、あるいは喉の気道が狭まってしまっているのか、半分くらいは喉の奥に唾が残るのだ。

その唾も、不快なくらいネバネバしていて、これが喉の奥に残ると、呼吸の際に引っかかって咳が出る。

咳が出ると喉に負担がかかってさらに喉が痛くなる…の悪循環。

口内炎も初日から全力でやって来た。

両頬の裏は凸凹になり、既に渓谷が出来上がっていた。

この2つの症状のおかげで上手く話すことが出来ない。

家族との会話も首を縦に振るか横に振るかの、Yes/Noのみでのコミュニケーションとなった。

湿疹はゆっくり忍び寄る

額の湿疹は凹凸が出て来、明日には真っ赤になるだろうという気配が漂っていた。

さらに、前回は出なかった耳の前側(もみ上げ部分)もうっすら赤くなり、痒くなって来た。

そして前回酷かった頭皮湿疹。(前回の記事はこちら→

第1クールの副作用と戦っている間に注文したチャップアップシャンプーを、今回は第2クールの投薬5日目の夜、つまりこの前日から使い始めてみた。

使用説明書の通り、きちんと手の平の中で泡だててから頭皮に塗るようにして広げ、優しくマッサージするように洗った。

すると、翌日となるこの日、額やもみ上げの痒みはどんどん増していくのに対し、頭皮は痒くならないのだ。

結局このシャンプーのおかげか、この後のクールでは頭皮湿疹は出来たのか出来なかったのか、とにかく頭の中が痒くなることがなかった。

頭皮湿疹に悩まされている方がいらっしゃれば、試しに1本、トライしてみても良いと思う↓

「奇跡のシャンプー」

破壊されてゆくカトリーヌ

「カトリーヌってなんやねん」という方は前回の記事をとうぞ↓

侵入奇胎の闘病記 | 4. MTX第2クール
18年6月18日より、メトトレキサート(MTX)による投薬の第2クールが始まった。今回は投薬の後半から副作用の兆候が現れ始め、口内炎や喉の痛み、頭皮湿疹だけでなく、体の他の箇所にも影響が出始めた。

既に投薬中から灼熱感を帯びた痛痒さに悩まされていた私のカトリーヌだが、この日はさらに悪化。

四六時中掻きむしりたい衝動に駆られ、用を足す度に痛みに飛び上がらなければならなかった。

清潔にしようとウォシュレットを当てた時には悶絶するほど痛みが迸り、最高に弱いレベルにしてソロソロと洗っても、まだ痛かった。

MTX休薬2日目の副作用

口内炎と喉の痛みはさらに悪化

昨日の時点でも、これ以上痛くなれるのかと思うほど痛かったが、この日はさらに悪化した。

喉はさらに痛くなり、呼吸すら苦しくなる。

飲込み力がさらに弱くなり、唾を飲み込む度に空気も一緒に飲み込んでしまう。

さらに飲み込んだ際には喉がイガッとして咳き込む。

唾を飲み込む度に取り込まれた空気は、胸のあたりでつっかえてしまい、それがさらに呼吸を苦しくさせる。

喉が閉じてしまっていて、上手くこの空気を排出することも出来ず、あまりに苦しくなると胸をドンドン叩いてもがいた。

昨日、渓谷のようになっていた頰の裏は火傷のように痛み出し、舌先は感覚が失われ始めていた。

食事は、処方された痛み止め(ロキソプロフェン)を飲んでほんの一口だけ食べることが出来た。

額と顔の横の湿疹は全開に

昨日から痒かった額と顔の湿疹は、いよいよ赤く腫れ上がり、猛烈に痒かった。

掻き毟りたくてたまらないので、アイスノンをタオルにくるんで当てておいた。

アイスノンはすぐに溶けるので頻繁に代えなければならなかったが、当てている間は痒みが収まってくれていたのでラクになった。

破壊し尽くされたカトリーヌ、ついに出血

こちらも痛痒くてたまらないカトリーヌは、デリケアでは鎮静化させることは出来ず、強い痛痒さは私を四六時中困らせた。

唯一出来ることと言えば、頻繁にトイレでビデで洗うことだが、もはやウォシュレットですら、中から吹き矢が飛んできているのかと思うくらい、この時のカトリーヌには刺激が強過ぎた。

そして、トイレットペーパーを丁寧に畳んで優しく当てて拭いた時、私は驚愕する。

トイレットペーパーに、点々と無数の小さな血痕が付いていたのだ。

荒れに荒れ果てた私のカトリーヌは、ついに出血するほど傷んでしまっていたのだ。

あまりに無残なことになってしまった自分の分身が可哀想になり、涙が出て来た。。

MTX休薬3日目 – 副作用とhCGの経過

喉の痛みと咳で何度も目を覚ます

夜中、焼け付く喉の痛みと咳で、何度も目を覚ました。

呼吸が苦しい。。

前回の経験から、休薬3日目には回復の方向に向かうと思いきや、口内炎もさらに悪化していた。

口の中から喉にかけて、まるで熱した油を一気に飲んでしまったかのように爛れていた。

バナナですら、口に含むと痛かった。

hCGの経過

この日は血液検査と経過観察のための通院日だった。

先週からろくに物を食べられておらず、体力も落ちていた上、粘膜という粘膜は爛れ、頭部も湿疹で痒い…こんな満身創痍で新宿まで行く気力も無かったが、この状態を見れば何でも良いからもっと効く処方薬をもらえるかもしれないとも思い、頑張って電車に乗って病院へ向かった。

この日は血液検査も絶望的に混んでおり、採血してから結果が出るまで3時間も待たされた。

この日の担当医は、何度か診察して下さった若い女医さんだった。

まずはhCGの結果だ。

hCG:15.6!

前回(1週間前)が47.3だったので、また下がっている!

すごいっ!このまま行けば来週の頭にはもうカットオフ値になっているのでは!?

副作用の辛さで死にかけていた私の目が、数値を聞いて光を取り戻した。

担当医:「腎機能、肝機能の数値も問題ないです。白血球がやや下がって来てしまっていますが、来週の投薬には問題ないでしょう。」

白血球の数値は2000と書いてあり、「低い(Low)」を表す「L」マークが付いていた。

次の投薬でもっと下がって感染症にかからないか心配だった。

カトリーヌ、ヘルペス検査を受ける

hCGが下がったことに喜んだのも束の間、私のカトリーヌはもはや限界を迎えていた。

ここまで酷い症状となると、もはや感染症を疑った方が良いのではないかという気がして来た。

ネットで類似した症状を検索してみたら、以前にかかった記憶は全く無かったが、「膣ヘルペス」と出て来た。

この際治ってくれるなら恥も外聞もどうでも良いので、先生に単刀直入に切り出した。

私:「あの、私のデリケートゾーンが、投薬後半から酷く痛痒くなって来て、出血も伴うようになってしまったんです。もしかしてヘルペスじゃないかと心配してるのですが。」

担当医:「少し診てみましょう。」

そこで内診台に上がり、先生に荒れ果てた私のカトリーヌを診てもらった。

担当医:「ああ、酷いびらんのようになっていますね。。出血もしてますし…。一応ヘルペスの検査に出してみましょうか。」

と言い、一番痛い部分を何箇所か、綿棒でこすって組織を取って行く。

その度に痛みが体を突き抜け、仰け反った。

担当医:「痛いですよね、ごめんなさいね。あと少しですから。」

と先生は言い、何箇所か採取し、検査は終了した。

担当医:「では本日はこれで終了です。」

私:「あの、この症状、何か、何でも良いので軟膏か何か処方して頂けないでしょうか。」

担当医:「軟膏かぁ…何かあったかなぁ。。」

と言いつつ、彼女は携帯電話を取り出し、どこかにかけて話し始めた。

どうやら相手は院内の薬剤師さんのようだった。

担当医:「一応、まだ結果は出ていませんが、ヘルペス用の軟膏を出しておきますね。」

カトリーヌ、痛痒さが和らぐ

薬局で軟膏を買うと、速攻でトイレへ駆け込み、塗ってみた。

すると、塗ったその瞬間から、耐え難かった痛痒さがスゥッと和らいだ。

こんなに効くとは…やはり私はヘルペスだったのだろうか。。

症状が和らいだ嬉しさの反面、自分がヘルペス持ちかもしれない可能性に少し憂鬱になった。

後日、ヘルペス検査の結果を聞くと、結果は陰性だった。

MTX休薬4日目の副作用

口内炎も喉の痛みも一向に良くならず

口内炎は、びらんになっていた部分の皮が破れたのか、昨日までよりも一層尖った痛みを感じるようになった、

常に氷水を口の中に含んでいないと、口の中がすぐにザラザラになって気持ち悪い状態になってしまう。

喉もすぐにいがらっぽくなって咳き込むので、常に水分を通して潤わせておかないと苦しかった。

口の中は常に不味かった。

食べられる物はますます減り、前回は食べることができたアロエヨーグルトさえも口に沁みて食べられなくなってしまった。

口に優しそうな胡麻豆腐も、ザラザラした粒子が皮が剥けてむき出しになってしまった粘膜を刺激するのか、これも死ぬほど沁みて痛かった。

結論として、おでんの大根以外は何もかも口に入れるのが苦痛だった。

カトリーヌ、劇的に回復する

昨日処方してもらった軟膏が劇的に効いてくれたのか、カトリーヌの痛痒さは大分引いてきた。

トイレットペーパーに血がつかなくなった。

粘膜だけあって、回復もとても早いのかもしれない。

口内炎だけでも耐え難く辛い状態だったので、カトリーヌだけでも回復してくれて大変助かった。

湿疹は相変わらず…

額やも顔の横の湿疹は相変わらず痒く、これも私を悩ませた。

しかし、これについては、とにかく市販の湿疹薬を塗ったりアイスノンで冷やすしか無かった。

MTX休薬5日目の副作用

口内炎は相変わらずも、喉の痛みが改善

朝起きた瞬間は相変わらず口の中が不味く、今日も地獄の辛さが続くのかと絶望的な気分だったが、起きてしばらくするうちに、喉の痛みが和らいでいることに気づいた。

喉の痛みが和らぐだけで大分生活が改善される。

息苦しさも軽減する。

口の中はまだそこら中の皮膚が破れているようで痛くて普通の歯磨きもできない状態だっったが、喉の痛みが軽減されただけで気分が明るくなった。

久しぶりに朝から仕事も捗った。

しかし、食欲はしっかり戻っているにも関わらず、まだ口が痛くてお粥みたいな物しか食べられないというのも大分ストレスが溜まるものだった。

この夜、私はバケツ一杯のフライドチキンを頬張る夢を見る。。

湿疹も改善方向

痒くて仕方がなかった額ともみ上げあたりに広がっていた湿疹も、改善方向に向かっていた。

湿疹は、一度回復期に入れば治りがとても早い。

午後には、湿疹だったものは茶色くなり、乾燥肌のような状態になった。

カトリーヌは全快

結局ヘルペスではなかったものの、ヘルペス用の軟膏がとても良く効いてくれたようで、痛痒さはほとんど感じなくなった。

ようやく女性としての尊厳が戻ってきたような気がして、自信を取り戻した。。

MTX休薬6日目の副作用

口内炎は未だ治りが悪く…

相変わらず口の中は痛み、口の中が気持ち悪くて目が覚める。

普段はリモートワークで家で仕事をしている私だが、この日はクライアントとの打ち合わせがあったため、久しぶりの出社であった。

しかし、いつも通りの準備時間を見込んで起床すると、大誤算であった。

口内炎を抱えていると、直径1㎤ずつほどしか口に入れられないので恐ろしく食事の時間がかかる。

元々私は食べるのが遅い方だが、この口内炎の状態では普段の4分の1の食事量で食事に丸々1時間かかる。

この日の朝も、体力をつけるため必要最低限の量を食べようとしたら、危うく遅刻するところだった。

…もしリモートワークではなく、毎日勤務しなければならないような会社だったら、自分の栄養状態はある程度犠牲にしなければ仕事は続けられないだろうと思う。

突然の下腹の痛みと、不正(?)出血

クライアントとの打ち合わせの後に久しぶりにオフィスに顔を出すと、チームメンバーが歓迎してくれ、嬉しかった。

しかし、楽しみも束の間、突然下腹にシクシクと痛みを感じ、トイレに行ってみると…結構な量の血が下着に付いていた。

これは、hCGが下がったことによる生理と思ってよいのか?

それとも何か悪い予兆の不正出血なのか?

それとも…薬で叩かれた奇胎が出てきた?

…不明なので次の月曜日に通院した時に相談してみることにする。

MTX休薬7日目の副作用

しつこく残る口内炎。。

湿疹もカトリーヌも完治したが、口内炎はしつこく残り続けた。

唇の裏の、破れたような痛みは無くなったので、酸味のある物なども食べることができるようになったものの、舌の裏側の両筋の部分の痛みは、結局、次の第3クールまで残り続けた。

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 胞状奇胎・侵入奇胎へ
にほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。