胞状奇胎

胞状奇胎・侵入奇胎

胞状奇胎の闘病記 | 4. 不正出血=侵入奇胎の予兆?

2回の掻爬手術を終え、術後のhcg値も順調に下がっていると診断された私は、夫と北海道旅行に出かけた。しかしその道すがら、これまで経験したことのないような猛烈な生理痛と大量の不正出血に見舞われた。
胞状奇胎・侵入奇胎

胞状奇胎の闘病記 | 3. 掻爬手術2回目

1回目の掻爬手術後の謎の高熱は1日で下がり、翌週2回目の掻爬手術へ。治療してくれた産院は1ヶ月前のhcg値検査結果を聞きに行くという悠長な追い方だったが、順調型だったのもあり、この時は全く心配もしていなかった。
胞状奇胎・侵入奇胎

胞状奇胎の闘病記 | 1. 胞状奇胎の宣告

34歳で結婚後半年で初めての妊娠。喜びも束の間、枯死卵の可能性、そして「胞状奇胎の疑い」。稽留流産どころかさらに恐ろしい病の宣告に、絶望している暇もなく早急に掻爬手術を受けなければならない事態になってしまった。
胞状奇胎・侵入奇胎

胞状奇胎の原因の考察

何故自分が胞状奇胎になってしまったのか?年齢や流産の経験など、調べてみても自分に当てはまる納得できる理由が見当たらない。そこでアメリカのサイトで調べた所、ある栄養素の欠乏も胞状奇胎のリスクを高める要因になることが分かってきた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました